MENU

最新情報 what’s new

○令和4年5月22日 【公式】ザ・築地市場のホームページがリニューアルしました
○平成29年12月20日 豊洲市場の開場日及び平成30年築地市場の臨時休場日の決定
○平成29年11月29日 年末年始における築地市場マグロ卸売場見学者エリアの一時閉鎖について
○平成29年7月25日 築地市場マグロ卸売場見学時間の変更について
○築地市場マグロ卸売場の見学について
○築地では、お金のお支払いとして、クレジットカードや一部の店舗では、仮想通貨なども使用できます

取材、見学、取引、営業などに関するお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

築地金融市場について

はじめまして!築地金融市場で編集長をしています海野豊(Umino Yutaka)です。当サイトでは、海野編集長自身が元々10年以上築地市場で働いていた経験を活かし、日本の中心でもある築地から情報発信をしていきます。

築地市場の情報や、様々な暮らし・お金・生活に役立つ情報、お金を借りるためのカードローン・キャッシングの情報、FXや仮想通貨なども含めた金融知識・生活情報を分かりやすく解説している築地発信の総合情報メディアになります。私のプロフィールですが、もともと小さいときから築地市場の近くに住んでおり、生まれも育ちも築地、そしてそのまま築地市場で働いていました。そのため、築地から質の高い情報を発信していきます。

築地市場とは?

築地市場は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場で、都内に11カ所ある東京都中央卸売市場のひとつ。1935(昭和10)年に、日本橋の魚市場と京橋の青物市場が移転して開場した。広さは東京ドーム五つ分の約23ヘクタール。2013年の一日あたりの取扱数量は、水産物が1779トン(15億5千万円)、鳥卵・漬物を含む青果物が1142トン(3億1900万円)で、14年4月時点で全国に67ある中央卸売市場のトップに位置する。特に、水産物の取り扱い規模は世界最大級で、築地市場でついた値段が全国の他の市場での取引の参考価格になると言われている。13年の取扱数量トップ3は、鮮魚がブリ類、アジ類、イカ類。冷凍魚がマグロ類、サケ・マス類、エビ類の順となっている。

築地市場とは|築地 – 時代の台所:朝日新聞デジタル